(很有趣的文章,看了之後才發現中國人好像真的是這樣。)

 

中国人との宴会で注意すべき3つのタブー

與中國人應酬聚會需注意的三大禁忌

 

8月5日16時50分配信

8516:50發佈

 

日本経営管理教育協会が見る中国 第58回-水野隆張(日本経営管理教育協会営業部長

 

從日本經營管理教育協會的角度所看到的中國  58水野隆張(日本經營管理教育協會營業部長)

 

私は貿易商社勤務時代から数えると40年以上の中国との交流の中で、数百回の宴席に出席した計算になる。特に日中貿易に携わっていた頃、先輩に厳しく指導された事に中国人との宴会で注意すべき3つのタブーがある。

 

從我在貿易公司工作的年代開始與中國交流的40年經驗中,經過計算曾出席過數百次的應酬聚會。特別是從事日中貿易工作的期間,前輩曾嚴肅地教導過我,在參加與中國人的應酬聚會時有三大禁忌需注意。

 

 

タブーその1「マイペースで飲んではいけない」

 

禁忌一:不能只按照自己的步調喝酒

 

 

宴会では手酌などはご法度で、飲む場合は必ず誰かと乾杯する。目と目を見交わしながら飲むのが中国流宴会の基本である。最も理想的なのは全員と乾杯するという方法である。それも一緒にグラスを持ち上げて乾杯するのではなく、自分の右隣の人から一人ずつ乾杯して、全員と酌み交わすのである。なるべく全員が同量の酒を飲むというのが中国流の宴会の重要な作法なのである。

 

在應酬聚會的場合,獨飲是被禁止的,喝酒的話一定要跟別人乾杯。邊目光交會邊飲酒是中國式應酬聚會的基本要件。最理想的方法是與全體人士一起乾杯。但並不是指大家一起高舉酒杯一同乾杯,而是從坐在自己右邊的人開始,一個人一個人地輪流乾杯,與全體人士透過喝酒而交流。儘量與每個人都是喝相同的酒量在中國式應酬聚會裡是很重要的作法。

 

 

タブーその2「絶対に酔ってはいけない」

 

禁忌二:絕對不能喝醉

 

 

中国人との宴会では、とにかくありとあらゆる口実を使って酒を飲まされる。しかしどれだけ酒を飲まされても酔った様子を表に出してはいけない。宴会がお開きになるまでシャンとしていなければならない。

 

與中國人的應酬聚會,總而言之就是要用儘各種藉口讓對方喝酒。但是,不論被灌了多少酒也不能表現出喝醉酒的樣子。直到聚會結束以前都不得不打起精神、挺直背桿。

 

すなわち、たとえ酒の席であっても、絶対に緊張をほぐさず最後まで崩れない人こそが中国社会では尊敬されるのである。そのため、うっかり気を緩めて泥酔しようものなら二度と宴会に呼ばれる事はないのである。これまで何人もの上司が宴席で失態をさらして商談をぶち壊した現場を何度も経験した。

 

換句話說,如果在喝酒的聚會能排除緊張、堅持到最後的人,就能在中國社會得到尊敬。正因如此,如果因為不小心而爛醉如泥的話,下次絕對不可能再被邀請參加聚會。目前為止,曾經歷過無數次上司因為在聚會失態而壞了雙方商談的要事。

 

(未完待續…)

newsinglelife 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()